読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the way 等身大の20歳。

2016年カミーノ〜

10月1日(土)

カミーノで得られたこと。忘れてないことがところどころで感じられる。
パパと素直に話せたこと。パパの言葉を素直に聞けたこと。そして、その言葉と同時に、どんなふうに思っているのだろうって、想像するの。パパってすっごく変わってる。変わってるから話してても理解不可能なことばっかり。でも昨日ははじめて、パパを1人の他人として、素直に楽しく話した。誰とだって、例え同じ言語で話していても、全部を理解できるわけじゃない。パパの発言にはいっつも驚かされる、笑わされる、そして呆れちゃう!ごめんね、パパ。笑
でもね、そんなパパの言葉や表情の端々に、優しさが感じられる。パパはきっと、恥ずかしがりやさん。だからわかりにくい。でも、誰よりも優しい。おばあちゃんに会うたびに、わたしは嬉しくて幸せで仕方ない。だって、いっつもいっつも、パパのことを誇りに思って、愛らしく思って、感謝してるって、おばあちゃんが話してくれるから。
そしてね、笑い話にしながらも、パパがおばあちゃんをいっつもいっつも気にかけてること、知ってるもん。